ライフプランニングサポート ブログ 【 村田 正一 - LPS BLOG 】

今年は元旦に新年を迎え、5月には新しい元号になる年となっています。

それによって日常生活が変わるわけではないのですが、いい意味で何かのきっかけになってくれればと思います。

長年相続をテーマに仕事に携わり、スキルに磨きをかけてまいりました。
今年も益々皆様のお役に立てるよう頑張る所存です。


少し遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もお世話になりました

師走になると、いいことも悪いこともひっくるめて一年を過ごしてきたことへの感慨にふけり、わが身に起きたことを思い出します。


今年は平成最後の師走になりましたので、この30年の変遷に思いを馳せる方も多いと思います。


私は平成元年に転勤で大阪に戻り、以後仕事の拠点を大阪としてきました。

大阪に移ったことが私の人生を大きく変える契機となり、職種が全く違ったものになりました。

この30年は私にとって実に濃厚な期間となりました。


来る年が皆様にとりまして、夢と希望に満ちた明るい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

来年もよろしくお願いいたします。

平成最後の師走

今年もあと1か月を残すだけとなりました。

私にとっては例年のごとく目まぐるしく過ぎた11か月でした。

皆さんはいかがでしたでしょうか。

関西は稀有な大きさの台風に見舞われ、地震もあった年でした。


平成最後の師走として、残る1か月は平穏な日々であってほしいものです。

朋あり遠方より来る

遠方から友人が来るたびに、論語の「朋あり遠方より来る、亦た楽しからずや」が浮かび、気分が浮き立ちます。


ちゃんと調べてみると、聖賢の道を学んで精進していると求道の同志が遠方より訪ねてきてくれることもある。
人生は楽しい。

というレベルの高い話であるのですが。


とは言え、はるばる来てくれた友人を迎えるのは喜ばしいイベントの一つです。


私が平成5年から16年まで在籍したソニー生命時代の友人たちは、そのままソニーにいる者も代理店に移行した者もいて居場所は違っています。


その仲間たちと、以前広島県生口島の友人をクルーザーで訪ねたことがあります。

旧交を温め格別の時を過ごしたのですが、その友人が節目の年齢を迎えるのにあたり、同じ支社だった8名が、この度彼を大阪に呼び寄せて祝いの席を設けました。


外見は時の流れに勝てず変化を遂げているものの、中身はそのまま成長もなく、当時は深刻な事情も今では腹を抱えて笑うような、嘗てのエピソードなどで大いに沸き、早くも次回の集まりに言及して盛り上がっておりました。


垣根のないこうした関係は何ものにも代えがたいものです。

秋の遠足

現在の人口を維持するためには2.07の出生率が必要であるが、昨年の日本の出生率は1.43に過ぎない。


職業柄、この種の統計数値を追い掛けるたびに将来を憂えてしまう癖があります。


先日の通勤途上、オフィス近くの地下通路を歩いていると、改札口付近に小学校低学年と思しき集団が先生に引率されて並んでいました。

秋の遠足でしょう。

小さな背中にリュックを背負っています。


クラスとクラスの切り目をくぐり抜けて地上に出るとまだ幾組もの生徒たちが整列して歩いています。


この近辺にこれだけの大勢の子供たちがいることに少し驚くと同時に、明るい気分になって頬が緩んでしまいました。

子供は未来、です。

パソコン

私用で使っているパソコンの不調に長期間悩まされてきました。


シャットダウンするたびに更新が始まって、なかなか電源がオフにならず、最長は1時間にも及びました。

買い換えてからのカスタマイズの面倒さや新しいものに馴染むまでの労苦を避けて、半年以上その状態に耐えておりました。

気がつけば7年間使用しておりもう限界に近づいており、ついに買い替えを決意し、その機能の1万分の1も使いこなさないだろうハイスペックなパソコンをオーダーしました。


新しいパソコンが届くまでの数週間の間、いつ完全に壊れてしまうかと戦々恐々です。

無駄にした時間コストや不安定な状態で使い続けたことを思うと、早く行動に移さなかったことが悔やまれます。


パソコンが苦手な私ですが、数週間後には快適なパソコンライフが戻っている、はずです。

秋の気配

もう秋などやって来ないのではないかと思うほどの酷暑でしたが、彼岸を過ぎると一気に秋の気配が訪れてくれました。


朝のひんやりした空気、道路脇に咲くコスモス、秋を感じるきっかけは数多くありますが、私は金木犀の香りを感じたときに季節の移ろいを実感します。


皆さんにとって一番秋を思わせるのはなんでしょうか。


秋につきものの台風、その被害が少なくてすむことを願いながら、過ごしやすい季節を味わいたいと思います。

関空連絡橋の影響

関空への連絡橋が、タンカー事故の影響で関西経済が打撃を受けているという報道を受け、自分の目で確かめるべく心斎橋筋に足を運んでみました。


なるほど、大きなスーツケースを持ったいかにも海外からの旅行客といった人たちは、ほとんど見かけることはできません。

キタの百貨店でも最近お馴染みになっていた、「溢れんばかりの外国人」といった光景は鳴りを潜めています。


いま私の左目の下は一発カウンターを食らって負けたボクサーの如く腫れあがっています。

まさに痛みを伴う痛々しい手負いの状態で、本欄を埋めるため現地調査をしてきました(大袈裟か)。


これ以上、関西の景気が沈まないよう早期の復旧を願いつつ、少し前の落ち着いた日本が戻ってきたようでどこか嬉しくもある私です。

イギリスのエコノミスト誌が発表した「2018年世界で最も住みやすい都市ランキング」で大阪が3位になりました。


大阪府で生まれ育った私としては一瞬誇らしい気分になりましたが、正直何故?という疑問の方が大きかったです。


世界140都市から、安全性、医療、文化・環境、教育、インフラの5項目30指標を総合的に評価し、エコノミスト誌のアナリストやそれぞれの都市に駐在するジャーナリストなどの採点を基にランク付けをしているようです。

日本では、ひったくり1位で蒸し暑いのにと思いがちですが、他の国の都市と比べるとはるかに治安が良く、公共交通機関・公的医療制度の充実、東京と比べて物価や家賃も安いし通勤もはるかに楽。


また、気さくで友好的な土地柄が外国人を引き付けたのかもしれません。


これからの爽やかな気候に訪れてもらえると、もっと評価は上がるかもしれませんね。

久々に嬉しいニュースを耳にしました。

仕事モード

街を歩けば「熱波」という言葉が浮かんできます。

亜熱帯と化した日本、線路も曲がる高温の中で迎えたお盆に、脳みそも溶けてしまったようです。


で、すっかり本欄更新を忘れてしまっておりました。


お盆あけの心地よい夜気で我に返った次第です。

私も仕事モードに切り替えますので、皆様もよろしくお願いいたします。

プロフィール



村田 正一
LPS 代表
所属団体:日本FP協会

LPS ウェブサイト

月別 ブログ記録一覧